コンサルティング

 国内外の社会環境・産業構造はその変化の幅と速度を一層増大させています。当社は「創造と変革のパートナー」として、そうした社会・産業の変化に向き合い、クライアントである大企業、中堅企業、政府、自治体に対して、具体的な施策提案や実行支援、政策の提言など「日本が世界に通用するための競争力の向上」に貢献すべく、幅広く活動しています。

①事業の目指すもの
 本質的な視野・視点により、課題解決に役立つ実践的な施策を提言し、実行支援することを通じて、日本社会・日本企業の成長、活性化に貢献することを目指しています。
 その活動に際しては、「次世代の国づくり」という事業ビジョンにもとづき、既存産業の再編や新規産業の創出のためにどのような政策を打ち出すべきか、官民協働はどのようにあるべきか、グローバルで活動し価値を高めるためにM&Aや事業再編も含めてどのように動くべきか、等の問題意識を持って活動しています。
②業務内容と特色
 大企業から中堅・中小企業までの民間企業のほか中央官庁をはじめとする官公庁の幅広いお客様にサービスを提供しています。一つのコンサルティング部門で官公庁、民間企業ともに対応することで、民間の知恵を官公庁に、また、政策の流れを民間企業の戦略立案に役立てています。
 また、提供するサービスのテーマもお客様によって構想・政策立案、経営戦略策定から経営管理や人事制度の具体的な設計まで多種多様です。
 こうした幅広い分野の専門性を持った人材が有する知識や経験から得られたノウハウを融合することで、特定のテーマあるいは業界、業種の中に閉じていては得にくい実践的な知恵を提供することを特長としています。そのため、プロジェクトも専門分野別組織を横断した柔軟なメンバーアサインができる仕組みで運用しています。
③得意分野とプロジェクト実績
 多様な専門性を有するコンサルタントが、官公庁の政策や企業の戦略策定とそれに先立つリサーチから、具体的な施策の実行支援まで一貫してサポートできる体制になっています。
 競争力のある得意分野に絞った組織設計をしており、その編成は、特定業種に特化したグループ(ヘルスケア、エネルギー、情報通信等)、旬のイシューに特化したグループ(産業革新・地方創生、ポストM&A、未来洞察等)、専門コンピテンシー別のグループ(戦略、人事・組織、業務革新等)となっています。
事例①
中国およびASEANにおける医療関連ビジネスの展開支援(民間企業)
 日本企業の競争力が活かされる分野として医療関連分野があり、中国やASEAN諸国の生活水準が向上すると、これらの医療関連ビジネスへの関心が高まってきます。このようなニーズを背景に、同地域への進出を検討、推進する企業に対し、現地の規制や競争環境を踏まえた支援を行っています。
事例②
企業連携プロジェクトの事業化支援
 復興庁の委託を受け、被災地の民間事業者が地方公共団体等と連携して推進しようとするプロジェクトを支援することで、被災地における事業モデル創出に貢献しています。高い技術を持つ地元中小企業の脱下請け戦略、食品加工業の富裕層向け直売ビジネス、酪農畜産業界が抱える繁殖障害問題の解決を図るベンチャーの経営支援等々、被災地の新たな可能性を拓く先導的プロジェクトを日本総研の総合力(社会への政策提言×企業へのコンサルティング)で支えています。
事例③
途上国の課題を解決する先進的中小企業のビジネス支援プロジェクト
 独立行政法人国際協力機構からの委託を受け、海外ビジネスの専門的知識が不足しがちな中小企業に対し、経営戦略、国際経営、投資判断等で実践的な助言を提供しています。 数多くのコンサルティングを通して蓄積してきた専門的スキルを活かし、結果として民間主導の途上国支援を実現する「次世代の国際関係づくり」に貢献しています。