ワークライフバランス

日本総研では、それぞれの分野で企業や社会が求める創造的な付加価値を生み出していくため、性別・年齢・ライフステージの変化に関わらず、社員一人ひとりが最大限に能力を発揮できる風土の実現を目指しています。特に妊娠・出産・育児時間・介護期間などライフステージの変化において、不安を抱くことなく十分に仕事に打ち込める環境整備に注力しており、制度の拡充と同時に制度を利用しやすい職場の環境づくりに取り組んでいます。


今後も社員のワークライフバランスを重視し、多様な人材が柔軟な働き方を実現できるよう、様々な取り組みを続けていきます。

各種制度の説明

出産・育児をしながらワークライフバランスを実現する社員の働き方

「ワークライフバランス」とは、ワークとライフのバランスを単に50:50にすることではありません。
ワークとライフは相互に満足感が高まるような関係であることが望ましく、また、 人それぞれが年齢やライフステージによって自分自身でそのバランスを選択していくものです。


当社では性別や年齢を問わず、社員それぞれが上手くバランスを取りながら活躍しています。


ここでは、出産・育児というライフイベントを経験しながら活躍する社員を、一部ご紹介します。