ITソリューション

日本総研の「ITソリューション」事業は、三井住友フィナンシャルグループの事業戦略をITで実現し、新たな金融サービスを創出することで、広く社会・経済に貢献することを目的としています。
24時間365日、止まることが許されない金融機関の基幹業務システム。重要な社会インフラとして機能する金融機関のシステムを支えるためには、システム自体の高信頼性と耐障害性はもとより、万が一の障害発生時に影響を最小限に食い止める高度な機能、そして万全のサポート体制が不可欠です。
また、長年の実績により蓄積された、金融業務と情報技術についての膨大なノウハウをベースに、最先端の技術を駆使したシステム開発にも積極的に取り組んでおり、金融サービスに高度かつ新たな付加価値を生み出しています。

バンキング

グローバル社会において、ますます高度化・複雑化する銀行ビジネスをITの力で切り拓いています。
海外との輸出入取引を行うお客様へのサービスを強化すべく、インターネットを活用した最先端の外国為替先物予約取引サービス「i-Deal(アイ・ディール)」によって、貿易取引の合理化を実現しています。
三井住友銀行の主要チャネルの一つであるSMBCダイレクトにおいては、残高照会や振込をはじめ、住宅ローンの繰上げ返済や電子マネーへのチャージなど、多くの機能を備え、利用者目線での使いやすさや高セキュリティを実現しています。
また、グローバル統合財務管理サービス「SMAR&TS Treasury」では、昨今の企業のグローバル進出に伴い海外現地法人を含めたグループ全体の資金効率向上・業務合理化を実現に導いています。

クレジットカード・信販

進化するカード社会を支える、先進のサービス&システムを生み出しています。
パソコンやスマートフォンを使っていつでもクレジットカードの利用状況等を確認することができる「Vpass」は国内最大規模のクレジットカードサイトに成長しています。
また、関西地区を中心に今や全国で利用できるようになった乗車システム“PiTaPa”は、日本総研と三井住友カードが開発しています。加えて、電子マネー機能として、NTTドコモと三井住友カードとともに「iD(アイディ)」のITプラットフォームを構築するなど、新たな決済機能を提供する事業も手掛けています。金融機関から公共交通分野の乗車システムまで、最適なITソリューションをお届けしています。

ファイナンスリース

財務、モノ、商流など様々な形で、お客様の事業を効率化するファイナンスサービスの土台を構築しています。
三井住友フィナンシャルグループと住友商事グループという、日本を代表する企業グループを背景に安定した経営基盤を有する三井住友ファイナンス&リース。その基幹システムの構築から、会計基準変更、法改正などによるサービス見直しなど、業務の根幹となるプラットフォームを支えています。 変化を続けるリース業界の中で多様化・高度化するニーズに応えるべく、高度なITによってファイナンスリース事業を支えています。

先端技術・セキュリティ

金融サービスを進化させるための最先端テクノロジー。
それらを実用化に導くための取り組みを行っています。
FinTech企業などの金融事業参入が加速する中、先進的な金融サービスの実現に向け、人工知能(AI)やブロックチェーンなど、最先端テクノロジーの実用化に取り組んでいます。特に、人工知能に関しては、コールセンター業務やカード不正使用検知などでの積極的な活用に向けて取り組みを推進しており、また、サイバーセキュリティー分野においても、膨大なセキュリティー情報からの効率的な有効情報の抽出・分析などでの活用を見込んでいます。